EIA法によるIgGまたはIgM抗HEV抗体検出用キット

研究用試薬

人獣共通感染症であるE型肝炎は、E型肝炎ウイルス (HEV) によって引き起こされますが、主に急性肝炎症状を呈し、感染症法において四類感染症に指定され、届出が義務づけられています。

HEVに感染するとHEVに対する抗体が産生されますが、E型肝炎の急性期にはIgM抗HEV抗体が患者血清中に出現し、発症後2~5ヶ月持続します。IgG抗HEV抗体はやや遅れて出現して長期間継続するため、現在または過去の感染の指標となります。

本キットは、IgG抗HEV抗体またはIgM抗HEV抗体をそれぞれ検出する試薬です。

添付文書(467KB)
製品リーフレット(170KB)

使用目的 ヒト血清中のIgGまたはIgM抗HEV抗体の検出
特徴
  • IgGまたはIgM抗HEV抗体を検出
  • リコンビナントHEV抗原を使用
  • 高い特異性と感度
  • 15~30℃、静置反応の2ステップサンドイッチ法により測定
  • 測定時間 約2.5時間
製品名 IgG/IgM anti-HEV EIA
製品コード 1Z23
包装 96テスト
主要文献
  1. Mikhail S, Balayan MD : Type E Hepatitis: State of the Art. Int J Infect Dis 2 (2) : 113-120, 1997.
  2. 高橋雅春、岡本宏明:E型肝炎のウイルス学的診断.肝胆膵 47 (5):647-656, 2003.
  3. Mizuo H, Suzuki K, Takikawa Y, et al : Polyphyletic strains of hepatitis E virus are responsible for sporadic cases of acute hepatitis in Japan. J Clin Microbiol 40 : 3209-3218, 2002.
  4. Takahashi M, Nishizawa T, Miyajima H, et al : Swine hepatitis E virus strains in Japan from four phylogenetic clusters comparable with those of Japanese isolates of human hepatitis E virus. J Gen Virol 84 : 851-862, 2003.
  5. Takahashi M, Kusakai S, Mizuo H, et al : Simultaneous detection of immunoglobulin A(IgA) and IgM antibodies against hepatitis E virus(HEV) is highly specific for diagnosis of acute HEV infection. J Clin Microbiol 43 : 49-56, 2005.