RBP-Jk

RBP-Jκは、B細胞、T細胞の分化の初期に起こる免疫グロブリン遺伝子のV,D,J領域の再構成に関与していると推定されるDNA結合タンパク質で、B細胞、T細胞の分化に重要な役割を果たしていると期待されています。しかし、その機能についてはまだよく解明されていません。抗マウスRBP-Jκ モノクローナル抗体(ラット)は、そのRBP-Jκの機能を解析するために有用な抗体です。

製品
コード
製品名 クローン
番号
Ig
クラス
容量 仕様書
2ARBP1 抗マウス RBP-Jκ
モノクローナル抗体(ラット)
K0043 IgG1 0.1mg
/0.2mL
2ARBP2 抗マウス RBP-Jκ
モノクローナル抗体(ラット)
T6709 IgG2a 1mL
2ARBP3 抗マウス RBP-Jκ
モノクローナル抗体(ラット)
T6719 IgG2a 1mL

抗マウスRBP-Jκ モノクローナル抗体(ラット)

クローン K0043 T6709 T6719
製品コード 2ARBP1 2ARBP2 2ARBP3
免疫 RBP-Jκ
(Baculovirus発現物)
RBP-Jκ
(E. coli発現物)
RBP-Jκ
(E. coli発現物)
Igクラス IgG1 IgG2a IgG2a
応用 Western Blot +/- + +
組織染色 + + -
Super shift assay + - -
免疫沈降 + - -
クロマチン
免疫沈降法
+ - -
ELISA + + +
精製 塩析精製 培養上清 培養上清
容量 0.1mg/0.2mL 1mL 1mL
貯法 2~8ºC(長期保存 -20ºC以下)

主要文献

  1. Hamaguchi Y, et al: Biochemical and immunological characterization of the DNA binding protein(RBP-J-kappa) to mouse J kappa recombination signal sequence. J.Biochem 112: 314-320, 1992.
  2. Sakai T, et al: Loss of Immunostaining of the RBP-J-kappa Transcription Factor upon F9 cell Differntiation Induced by Retinoic Acid. J.Biochem 118: 621-628, 1995.
  3. Tanigaki K, et al: Notch-RBP-J signaling is involved in cell fate determination of marginal zone B cells. Nature Immunology 3: 443-450, 2002.
  4. Yamamoto N, et al: Notch/RBP-J Signaling Regulates Epidermis/Hair Fate Determinatin of Hair Follicular Stem Cells. Current Biology 13: 333-338, 2003.
  5. Grego-Bessa J, et al: Notch signaling is essential for ventricular chamber development. Developmental Cell 12: 415-429, 2007.