B型肝炎ウイルスコア抗体キット:PHA法による抗HBc抗体測定用試薬

体外診断用医薬品

HBc抗体はB型肝炎ウイルス(HBV)のコア抗原に対する抗体として産生されます。HBc抗体の検出はHBV感染の既往、初感染発症と持続感染キャリアからの発症の診断等に欠くことの出来ないものです。

本試薬は遺伝子組み換えHBc抗原を用いた受身赤血球凝集反応(Passive Hemmaglutination : PHA法)に基づく、HBc抗体測定用試薬です。

添付文書(492KB)/400T

製品リーフレット(181KB)

使用目的 血清、血漿中のHBc抗体の測定
特徴
  • 操作が簡便で大量検体のスクリーニング処理が可能
  • 1時間以内の短時間判定が可能
  • 低力価のHBc抗体をRIA法並の感度で検出
  • 確認試験を行うことにより、結果の信頼性が向上
  • 定量試験も実施可能
製品名 マイセル anti-rHBc
製品コード
及び包装
1A22-02:400テスト
JANコード 4987591011089(400テスト)
主要文献
  1. Pasek M. et al.: Hepatitis B virus genes and their expression in E. coli. Nature 282: 575–579, 1979
  2. Matsui T. et al.: Nude mice bearing human primary hepatocellular carcinoma that produces hepatitis B surface, core, and e antigens, as well as deoxyribonucleic acid polymerase. Gastroenterology 90 (1): 135-142, 1986
  3. 真弓忠、 吉澤浩司、 宮川侑三: B型肝炎ウイルス感染の基礎と臨床. 日本医師会雑誌 83: 691-712, 1980.
  4. 山田裕子、他:HBc抗体測定系におけるPHA法(マイセルanti-rHBc)とCLIA法(アーキテクト・HBcⅡ)の比較.肝臓 55:409-412,2014.